2010年10月22日

離れて、改めて気づいたこと

10月7日から、新学期が始まりましたわーい(嬉しい顔)

ブルキナの休みは、6月〜10月と約4カ月ありますexclamation×2

日本にいる時は、あんなに休みほしーと思ってたのですが、こんなに休みが多いと、体がなまります。。。それに、仕事をしていないと、逆にストレスがたまったり。。。

4か月の間、首都の幼稚園で、夏企画をしたりと、忙しくしていたものの、8・9月は、子どもと関わる機会もほとんどなく、10月から、新学期が始まり、久々に幼稚園へ。。。

去年は、この時期、語学研修中だったので、ブルキナへきて、初の新学期ですぴかぴか(新しい)

子どもたちは、日本と同じで
『ママーあせあせ(飛び散る汗)
『ミタソ〜・・・もうやだ〜(悲しい顔)(現地語のジュラ語で、「おうちかえる〜もうやだ〜(悲しい顔)」)』
と、毎日泣いています。

靴とカバンを持ってたら、帰れると思って常に持っています手(グー)
新学期@.jpg

お母さんが送りに来て、行こうとした時、大暴れして、抵抗した後、最後に裸になって、抵抗ダッシュ(走り出すさま)
新学期A.jpg
この後、お母さんが見えなくなると、さっと、自分で服を着ていました手(パー)

みんなが、『ママーexclamation』と泣いてる中、一人だけ『ビバーexclamation』と泣いている子が。。。
新学期F.jpg

『んexclamation&questionビバexclamation&question』と疑問に思って、お迎えの時、お母さんに聞いてみると、お母さんの名前だそうです。笑

口をとんがらせて、泣いていますー(長音記号2)
新学期B.jpg

3歳児クラスの中でも、一番小さくて、リュックと水筒をもって、必死に『ビバーexclamation×2』と泣いていますたらーっ(汗)
新学期E.jpg

泣き疲れて、私の膝で、寝る子も。。。眠い(睡眠)
新学期D.jpg

新入児は、みんな現地語のジュラ語しか、話せないのに、一人だけ、流暢なフランス語を話せる3歳の男の子がぴかぴか(新しい)
『オン バ パルティ ア ラ メゾンexclamation(おうちかえろーexclamation×2)』と言っていますー(長音記号1)
新学期G.jpg


まだ、泣くこともなく、全然わかっていないおとぼけちゃんも。。。
新学期C.jpg

ぼく、こう見えて、3歳だよー泣き虫の甘えん坊黒ハート
新学期H.jpg

なんか、ほんとかわいくって、いとおしいな〜と思いまするんるん

今まで、こんなに子どもたちと離れたことがなく、こうして、子どもと関わる仕事は、しんどいこともいっぱいあるけど、やっぱり、この仕事が好きだな〜子どもたちが好きだな〜と、再確認しましたかわいい

そして、子どもたちは、お母さんと離れるだけでも、不安なのに、それで、フランス語を話されてもわからないから、もっと不安になると思います。
だから、今は、必死に現地語のジュラ語、勉強中ですパンチ
『ママに会いたいね。』『すぐに、ママ来るからねー』『お家帰ろうね』などと、ジュラ語で話すと子どもたちが、泣いていても、泣きやんで、『ア〜ン(ジュラ語で「うん」)』と返事してくれます黒ハート

新学期、子どもたちが泣いてあたり前だけど。。。
ここは、ブルキナ。。。
『泣きやみなさいどんっ(衝撃)』と、怒ったり、叩いたりする先生もいます。。。もうやだ〜(悲しい顔)

子どもたちは、あわてて、私のところへ逃げてきます。。。ダッシュ(走り出すさま)

なんだか、見ていて辛くなりますもうやだ〜(悲しい顔)

でも、泣いている子に『ママに電話するね』と
携帯電話ケータイで、電話するふりをして、
携帯電話『○○ちゃんのママ?早く迎えにきてー』とジュラ語で言ったりしている先生もかわいい

大泣きの3歳児70人を一人で見ないといけない時間などもあって、電話の真似をしていた先生でも、怒ったり叩いたりする姿も。。。

まず、新学期を迎える準備や環境が整っていないのも1つの原因だと思います。
部屋は、どこも、こんな感じ。。。
新学期I.jpg

昨年度のままで、机や椅子が乱雑に置かれています・・・たらーっ(汗)

そして、子どもの人数、名前もわからないまま、担任もきまっていなくて、転勤した先生のかわりもまだ来ていない人員不足の中、新学期はスタートですたらーっ(汗)たらーっ(汗)

こういう状況だったら、イライラしてしまう先生の気持ちもわかるし、なんで怒るのexclamation&questionと、こっちが、腹を立てたところで、状況はかわらなし、今の自分にできることを、していきたいなと思います手(グー)

まず、少し子どもが泣きやんだところで、おもちゃもなければ、楽しいことはなく、ただ、何もすることがなく、再び泣き始めたりする子も多いので、今は、簡単な手遊びや歌を、進級児と一緒に歌ったりしていまするんるん
そうすると、泣いていた子も興味をもって、じーっと見たり、泣きやんで聞いていますわーい(嬉しい顔)

自分にできることからして、これから、いろんなことにつなげていけたらと思いますかわいい

1つ嬉しいことがひらめき
4・5月通っていた幼稚園で、おもちゃを使わなくても遊べる遊びを子どもたちに色々、伝授していて、泥団子作りをしていたのですが、団子はブルキナには、ないので、『ガトー(揚げドーナツのようなお菓子)』と子どもたちに教えていました。
そして、10月に入ってその幼稚園にいくと、
『ナナー!ガトー!!!』と子どもたちは、5カ月たっても覚えていた上に、作るのも前より、上手になっていましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
新学期J.jpg

子どもたちの、パワーはすごいな〜と思いましたひらめき

協力隊の活動は、すぐに結果がでるわけじゃないし、自分がやっていることに意味があるのかと、日々悩んでいますが、子どもたちの様子をみていると、なんだか、少しでも、子どもたちには響いているんだなー嬉しくなり、子どもたちから、パワーをもらいましたかわいい
posted by ななティ at 03:21| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。